卍LINE

卍(まんじ)とは、ヒンドゥー教や仏教で用いられる吉祥の印であるとともに、日本では仏教を象徴する記号としてよく知られ、 漢字であり家紋でもある。
同様の記号は世界各地にあり、中国では吉祥喜旋として知られ、西洋では太陽十字からも発生。
最も古い卍は、新石器時代のインドで見られる。
トロイの遺跡・古層からも発見され、メソポタミアでも先史時代から見られる。
かつては洋の東西を問わず幸運のシンボル、和の元として用いられ、芸術において卍は、しばしば繰り返すパターンの一部として見られることも多い。
まれに忍者を表す場合にも使われる。
(サンスクリット語では、स्वस्तिक(svastika スヴァスティカ)または श्रीवत्स(śrīvatsa シュリーヴァトサ)と呼ばれる。英語の swastika やフランス語の svastika もこのサンスクリット語に由来する。)